スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行32

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行32 一護


 まだまだ、一護の行動にあわせるということがおぼつかない雨竜は、黙ってその行動を見守る。

 ある意味で、竜弦と変わらないぐらい、不器用な雨竜であった。

 好きな人を上手にかまえない、似た者親子だった。

 一方、真咲が逝った後、一護は妹達の面倒を見ながら主婦もどきをしていたので、片付けや整理整頓はお手のモノだった。

 一護は教科書その他を本棚に取り出し易いように入れ、制服を洋服ダンスに仕舞って、引き出しに着替えを入れ終えた。

 気が急いている一護は、双子の妹達が持って来た荷物のすべてを手早く仕舞い終え、雨竜を振り返る。


 ヨシ、これで終わり‥‥っと、すぐに修行に入るのかな?

 雨竜が持つ、滅却師としての能力の知識や力の使い方を、脳に直接情報の流し込みってカタチで横着ができても‥‥‥。

 本当の意味で、滅却師の能力を使うにはどうしたって、実践形式で実際に使って訓練しねぇーといざって時に素早く反応できねぇーよなぁー‥‥‥。

 時間的余裕があるような口ぶりだけど‥‥‥。

 俺としては、さっさと情報を貰って、直ぐに実践訓練に入りたいなぁ‥‥‥。


 自分の様子を黙って見ていた雨竜に、一護は声を掛ける。 

「一応、持って来て貰ったモノは仕舞ったから、すぐに修行するか?」

 クルッと振り返って言ったセリフに、雨竜は嘆息する。


 あははは‥‥言うと思ったよ‥‥‥けど、やっぱり開口一番はそのセリフだったか。

 いや、黒崎の性格は理解してるけどねぇ‥‥‥はぁ~‥‥‥。

 たぶんに、ボクが遊子ちゃんや夏梨ちゃんが、写真を求めて敵に連絡するだろうって言ったからだろうね。

 急がば回れって言葉は、黒崎の思考に無いんだろうねぇ~‥‥‥。

 これは、ちょっと注意した方が良いかな?


 
と、いうところでタイムアウト。続きは、また明日。

スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。