スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行46

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行46 一護 雨竜


「輝く白き聖衣を纏い‥‥‥」


 えっとぉ~‥輝く白い聖衣って、あの滅却師スタイルの服装のことだよなぁ?

 俺達、滅却師の服装に着替えて無いけど、良いのかぁ?

 それに、俺は死神の能力無くしたけど、死神の子なんですけどぉ~‥‥‥。


 開封の呪文を唱え始めた雨竜に、一護は首を傾げて率直に疑問に思ったことを訊く。

「雨竜‥‥俺もお前も普通の服装だけどぉ~?」

 黙っていた一護が唐突に口を開いてそう訊くと、呪文を唱えていた雨竜が端的に言う。

「扉を開く呪文だから‥‥黙っていてくれ」

 そんな雨竜の気持ちなど考えていない一護は、更に言う。

「俺は、滅却師じゃないけどぉ~‥‥‥」

 一護のこだわり?に気付き、綺麗に忘れられている事実を口にする。

「君は、真咲さんの子供だから‥‥滅却師の血統だよ」

 言われた一護は、あっそっかという表情で頷き、雨竜に訊き返す。

「じゃ‥‥この扉は、俺や遊子や夏梨にも開かれるんだな」

 雨竜は一護の疑問に答えないかぎり、開封の呪文が唱えられないと悟り、急がば回れの気持ちで答える。

「ああ開くよ‥‥‥ただし‥‥呪文を唱える滅却師が、一緒に居たらね」

「‥‥‥滅却師の血統を引かない者は?」

「たとえ、呪文を唱える滅却師が居ても、滅却師の血を持たない者は通さないよ」

「修行の場所なのにか?」

「虚は敵だし‥‥死神も滅却師にとっては、敵みたいなものだよ‥‥‥それに、超能力者を求める人間達も敵みたいな存在だろう‥‥‥だから‥‥」

 雨竜の説明に、一護はなるほどという表情で頷く。


 そっかぁー‥‥そうだよなぁ‥‥‥。

 心正しき聖人?って、なにかと生贄にされやすい生き物だったっけ‥‥‥。

 それに力があれば、なおさら狙われるよなぁ‥‥‥。

 いくら心正しき者でも、根性曲がるよな。

 雨竜もちょっと曲がってたけど‥‥‥。
 もっとネジくれた者もいるかもなぁ‥‥‥。


 と、いうところでタイムアウト。続きは、また明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。