スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行66

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行66
 一護 雨竜


 一護は、無意識のまま雨竜の様子を上目使いに伺う。

 そんな一護に、雨竜は憐憫を覚える。


 ふっ‥君がどんなにボロボロになっても‥‥‥。

 全ての力を使い果たして、この世界を守っても‥‥‥。

 ほんの一部の関係者以外、誰もその事実を知らない。

 感謝されることも、褒められることもない、孤独な戦い‥‥‥。

 そんな虚しい戦いは、もう二度としなくて良い。

 君はもう死神じゃないんだから‥‥‥。

 出来れば、完現術者との戦いも‥‥‥避けたい。

 でも、降りかかる火の粉は払うしか無いから‥‥‥その時は戦うしかない。

 その為に必要な能力は、ボクが教えてあげる。

 君の戦いが少しでも楽になるように‥‥‥。

 勿論、遅れた勉強も補助してあげられる。

 一護が、滅却師としての鍛錬に集中できるように、勉強の方は情報の流し込みをしてあげよう。

 少しは御褒美になるモノがないとね‥‥‥くすっ‥‥‥。


 期待に瞳を輝かせながらも、強く要求できない一護に、雨竜は慈愛?の籠もった視線でクスッと笑って答える。

「勿論、簡単に出来るよ‥‥記憶の伝授という術を使えばね。ボクが流し込んだ滅却師の知識を探ってごらん」

 一護の為に、内心と全く違うことを答える雨竜だった。

「滅却師の知識‥‥‥」

 そう呟くと同時に、雨竜の言葉がキィーワードとなり、一護の血の中に眠っていた記憶を強く刺激する。

 その途端に、滅却師としての知識が一護の中に現れる。

 新たに自分の中に存在する知識に、一護はわくわくする。


 と、いうところでタイムアウト。続きは、また明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。