スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行68

 

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行68
 一護 雨竜


 自分の状態を把握していないことが解かる反応に、雨竜はワザとらしく重い溜め息を吐いて、お小言に近い口調で言う。

「はぁ~‥えっ‥じゃない‥‥君は、今日事故っているんだよ‥‥身体に負担を掛けるのは避けた方が良いに決まっているだろう」

 銀嶺弧雀を元の滅却師十字に戻し、修行の終了を態度で表す雨竜であった。

 そんな雨竜の言葉にも、新しいゲームを手に入れた子供のように、一護は直ぐに、その能力を実際に使ってみたくて、無意識に食い下がる。

「でっでも‥‥」

 一護の心理状態を把握している雨竜は、強い口調で言う。

「でも‥じゃない‥修行はボクのやり方でやる‥‥反論は受け付けない」

 すげない雨竜に、滅却師の能力を実践的に使ってみたい一護は、ゲーム機を取り上げられた子供のようにゴネる。

「そんなぁ~‥どっこも痛くないしぃ‥‥疲れてないけどぉー‥‥‥」

 どうしても使ってみたいとグズる一護に、雨竜はきっぱりと言う。

「さぁーてと‥‥上に戻るよ‥‥」

 そう言って、修行空間から出る為の扉を出現させる為に、複雑な印を組みながら手を振り、出口を作って、俯く一護を振り返る。

「‥‥‥」

 動こうとしない一護に、雨竜は殊更冷たい口調で言う。

「明日の修行は止めようか?」

「わっ解かった‥‥‥」

 言ったことは必ず実行する雨竜の言葉に、一護はつまんなそうな表情で不承不承頷く。


 ったく‥‥‥銀嶺弧雀で、あんなにガンガン攻撃してきたくせにぃー‥‥‥。

 せっかく対抗手段の知識が、手に入ったのにぃー‥‥‥。

 一度も反撃しないで終わりかよぉー。

 でも、あんまりグズったら『当分、修行をお預けにされたいんだね』って言われるのは確実だよな‥‥‥。


 と、いうところでタイムアウト。明日に続きます。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。