スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行93

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行93
 雨竜 高尾


 雨竜からの依頼に、高尾は嬉しそうに聞く。

「はい‥‥どのような内容なのでしょうか?」

 高尾の言葉に、雨竜はクスッと小さく笑って言う。

「例のオーディションに‥‥出るのは‥二人に申し込み書類を勝手に書いて推薦されたから‥‥‥と言うようにしたい‥‥‥勿論‥ボクを斬った奴らの分も‥‥遊子ちゃんや夏梨ちゃんが勝手に出したってね‥‥‥出来るか?」

 雨竜の説明と問いに、高尾は胸を張って応える。

「はい‥‥お任せ下さい」

 雨竜の手伝いが出来ると、嬉々としている高尾に、大雑把な説明を混ぜて言う。

「オーディションの内容や賞品については、ボクと一護が二人に説明するから‥‥それを元に催眠術を‥‥‥」

「はい」

 頷く高尾に、雨竜は続けて言う。

「二人は、一護に余り構ってもらって無いから‥‥‥ちょっとぐらいなら‥‥嫌がらせ?困らせたい?我がままを言いたい?‥‥と思っているから‥‥わりと簡単だと思う」

 一護の妹達の今の状態を雨竜から教えられた高尾は、ちょっと考えるようなそぶりをしてから頷く。

「それは‥確かですね」

 そんな高尾に、雨竜はサラリッと言う。

「今回の推薦は‥‥名前とケータイ、またはスマホのナンバーと顔‥全身の写真があればOKといういい加減なモノだったから‥‥‥」

「‥‥‥」

 あまりに簡単な推薦内容に困惑している高尾に、雨竜は肩を竦める。

「そんな不思議そうな顔をするな‥‥‥今時‥連絡先なんて、メールアドレスが普通なんだよ‥‥すぐに書き換えられるモノでイイんだから‥‥‥ケータイでもスマホでも、ひと手間かけないと、TELLナンバーを変えられないモノなんだから‥‥充分だろう」

「はぁ~‥左様にございますか」

 高尾は言外に、今時の若者には付いていけないと首を振る高尾に、雨竜は苦笑する。


 と、いうところで、今日はここまで、また明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。