スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行130

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行130
 銀城 月島 遊子


 夏梨からバトンタッチされた遊子は、月島に事の顛末を説明することにした。

「えぇ~と‥‥私達が出した映画のオーディションの書類‥全員‥‥一次審査が通って‥‥今度の土曜日に、二次審査なの‥‥お兄ちゃんとうーちゃんは、面白そうだから出るって言ってくれたんだけどぉ~‥‥秀ちゃん達はダメかなぁ?」

「‥‥‥」

 唐突な、夏梨と遊子からのオーディションなどという突飛な話しに、月島は驚いて絶句してしまった。


 うぅ~ん‥‥‥接触したいと思っていた相手が‥‥やっと、病院という隔離された場所から世間に出て来ることになったかと思えば‥‥‥。

 余分な滅却師付きになっていた‥‥‥。

 あげくに、映画のオーディションって‥‥‥こんな時、どう反応しろって‥‥‥。

 彼女達には、信頼しているお兄さんという設定で挿し込んであるからなぁ‥‥‥。

 それに、あっちの滅却師の彼も、どうやら僕同様、記憶の挟み込みもどきが出来ることが銀城の機転で判ってるから‥‥‥。

 当然、僕達に対して、斬られた恨みもあるよねぇ‥‥‥。


 一護が滅却師である雨竜と一緒に、オーディションに出るという話しに、銀城と月島はかなり困惑する。

 特に自分の完現術に絶大な自信を持っていた月島は、手段の判らない方法で、自分同様に記憶を弄る雨竜の存在に、目眩を感じるほど困惑していた。

 突然の話しに、月島と同じように苦悩していても、経験豊富?年の功?で‥‥銀城は、今、遊子や夏梨と電話しているんだから‥‥‥と。

 意識を切り替えて、悩むコトも解析するコトも、その他諸々も全部後回しにして、会話に集中することにした。

 かろうじて、現実逃避のインナースペースに入り込むことを、踏みとどまった。

 そして、銀城は月島に指示を出す。

『月島‥‥悩むのは後にしろ』


 と、いうところで今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。