スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行135

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行135
 月島 遊子 夏梨

 夏梨に負けじと、完全に希望的主観の入った見解を遊子は主張する。

「アタシは、絶対者の異星人は竜の化身って思ってるんだぁ~‥‥‥だからぁ、全体としてはファンタジーって感じだね」

 原作から外れた遊子の主張に、月島は敢えて否定の言葉を口にしないで、本来の原作設定の情報を聞き出そうとする。

「えーとぉ~‥‥星間航行している宇宙船って、どんなモノかな?」

 月島からの質問に、夏梨が聞いてぇー的な雰囲気で答える。

「生体プラス機械部分って感じなんだよ」

 言葉の足りない夏梨に、月島は聞き返す。

「生体?」

 そこに遊子が横合いから説明を付け加える。

「うん‥えぇーとぉ‥クマムシだっけ?‥‥それに似てるかな?‥宇宙空間でも生きられる昆虫っぽい感じの生き物でぇ‥‥コントロール部分が機械って感じかな?」

 遊子の説明に、うんうんと頷き、夏梨が続ける。

「だからぁ‥‥エンジン部分も生体と機械なんだぁ‥‥生体部分は時間が経てば治るけどぉ‥‥機械部分は、材料と設備と技術者が居ないと修理不可能だから‥‥‥」

 やっと二人の説明から、宇宙船の全体像が見えてきた月島は、確認の意味を込めて聞く。

「ふむ‥‥だから‥地球人に啓示を与えて色々するわけだ‥‥暇つぶしと地球の科学技術を上げて修理する為かな?」

 月島の問い掛けに、夏梨が首を傾げつつ答える。

「まぁ‥‥そんな感じかな?‥‥‥種族によって、持っている寿命がとんでもなく違うし、科学力もそれぞれみたいだから‥‥‥」

「なるほど‥‥‥それで、僕は神官で、空吾は神官戦士で‥『遥かなる時空の彼方に‥‥時空の旅人達』って映画のオーディションに応募したんだね‥‥‥」

 そう聞きながら、月島は銀城に視線でどうする?と尋ねる。

 それに対して、許容範囲と判断した銀城は頷くことでOKを出す。

 が、そんな遣り取りが見えている訳ではない夏梨が、ちょっと不安げに聞く。

「どうかなぁ‥‥秀ちゃん‥‥オーディションに出てくれる?」


 と、いうところで、今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。