スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行145

 小ネタシリーズ8
 完現術者と滅却師と死神代行145
 銀城 月島


 パソコンで在庫の有る店舗の確認もした月島が、銀城を振り返って言う。

「このマンションからは‥‥ちょっと遠いけど‥ブック○フに小説とマンガの全巻セットが二セットあったから‥‥明日行こうね」

「ああ‥‥そうしよう‥‥んじゃ‥寝るかぁ‥‥‥」

 そう言って立ち上がった銀城に、月島はノートパソコンを閉じて頷く。

「そうだね‥‥ここは僕が片付けるから‥銀城は先に休んでいいよ」

「サンキュー」

 銀城は月島の気遣いに、軽く礼を言ってソファーから立ち上がり、そのまま自室へと戻るのだった。

 残った月島は、パソコンの電源を切り、コーヒーカップを片付けた。

 勿論、沓澤に文句を言われないように、コーヒーカップもパーコレーターも洗って仕舞ったのは言うまでも無い。

 月島は、整理整頓が好きなきれい好きな男だった。

 遊子と夏梨の突然の電話に驚いた月島と銀城の夜はそうして終わったのだった。




 次の日、月島は、すっきりした頭で、映画のホームページを開き、自分と銀城以外に、一次審査を通過した人間を改めて確認する。


 ふぅ~ん‥‥茶渡君‥啓吾君‥水色君‥も‥遊子ちゃんと夏梨ちゃんの推薦で‥一次審査を確かに通過している‥‥‥。

 銀城が起きたら、彼等にどんな命令をするか聞いてみよう。

 退院して直ぐにオーディションを受けなきゃないなんて‥‥黒崎もなんだか‥可哀想な気がするなぁ‥‥‥。

 出来れば学校に何日か通った後だったら良かったのに‥‥‥。

 せっかく、茶渡君や織姫っていう存在が居るのに‥‥黒崎に接触させられないなんて‥‥なんか‥もったいない感じがするな。


 と、いうところで、今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。