スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ9 ハロウィン1

 十月の行事をテーマに考え、新しい小ネタシリーズは、ハロウィンに決定しました。

 今回は十月中に終わらせる予定です。一応‥‥‥。

 と、いうことで、新しい小ネタ【ハロウィン】をお楽しみ下さい。

                      ラズ&デュー


 小ネタシリーズ9
 ハロウィン1
 遊子 夏梨 一護


 秋めいてきたと言えないが、暦の上では立派に『秋』に当たる九月に入ったある日。

 一護は、遊子と夏梨にあまりやりたくないことをお願いされた。

「お兄ちゃん‥今年は、ハロウィンをやってみたいの‥お願い」

 両手を合わせ、拝むように言う遊子に、夏梨も同じポーズで言う。

「一兄ぃ‥アタシも‥ハロウィンのコスプレとか‥‥色々とやってみたい‥ダメかな?」

 二人の唐突なお願い?に、一護は驚いてオウム返しに言ってしまう。

「ハロウィン?」

 そんな一護の戸惑いなんてお構い無しに、夏梨が言う。

「だって‥去年もおととしも、アタシと遊子とお父さんで、やってみたいって言ったら、一兄ぃが『却下』って言ったんだよぉー‥‥‥」

 夏梨に続いて、珍しく遊子が早口で言い募る。

「でも、三年経っても『やってみたいって‥‥言うなら考えてやる』って、言ってたよね‥‥‥だから、今年‥こそはやってみたいの‥‥イイでしょ」

 派手な行事があまり好きで無い一護は、ちょっといやそうに答える。

「ハロウィンって‥‥格好つけてるけど‥‥‥アレって、結局のところ西洋のお盆だぜ」

 一護が嫌がることは想定済みの夏梨が、その抵抗を斬り捨てるようにすっぱっと言う。

「だから‥‥イイじゃん」

 夏梨の言葉に一護は『えーとぉー‥』という表情で黙り込む。

「‥‥‥?」

 髪の色がオレンジなので、割と派手な見かけをしているが、一護が真面目な性格をしていることを理解している遊子は、説得する為に色々と言い募る。

「お盆の時って、楽しむんじゃなくて‥‥お母さんを思い出したり、ご先祖様の為に迎え火を焚いたり‥‥お墓参りしたりって色々しなきゃないことがあるけど‥‥ハロウィンだったら‥‥楽しむだけでイイでしょ‥‥‥」


 と、いうところで、今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。