スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ9 ハロウィン8

 小ネタシリーズ9
 ハロウィン8
 遊子 夏梨 一護


 本当に声を掛け、参加する意思を示すそれぞれの言葉を聞いた一護は感心する。

「ふーん‥‥お前達の誘い方が良かったんだな‥‥ハロウィンのパーティーに誘われたみんなが、俺が参加しなくても、のりのりでコスプレする気になったんだから‥‥」

 一護の言葉に、遊子と夏梨は嬉しそうに笑った。

「だって‥お兄ちゃんとハロウィンしたかったんだもん」

「だよねー‥一兄ぃと遊びたいから頑張ったんだぁ~」

 チャドと雨竜を誘った遊子が、雨竜の食いつきぶりをさらりと言う。

「それに、チャーちゃんもうーちゃんもお兄ちゃんと遊びたかったみたい‥‥ハロウィンしようって言ったら‥‥即‥お兄ちゃんの衣装が何か聞かれたもん」

 現代っ子か?と思うほど生真面目で、啓吾や水色達と喋る馬鹿話しにすら、余り乗って来ない雨竜とは思えない様子を聞いて、一護は驚く。

「‥‥えっ‥‥?‥‥」

 驚く一護をよそに、遊子はその時の様子を詳しく喋る。

「うーちゃんは『お兄ちゃんの衣装とかぶらないようにしたいから‥‥』って言ってたから‥‥あたしは『吸血鬼の予定です』って答えたの‥‥そしたら『真逆を行く予定なんだね一護は‥‥だったら‥‥くすくすっ』って、笑っていたの‥‥だから、お兄ちゃんの衣装は、吸血鬼なんだよねぇー‥‥夏梨ちゃん」

 二人は、バリバリのブラザーコンプレックスだったので‥‥無意識でハロウィンで目立つけれど奇抜じゃない衣装を、目立つことが余り好きではない(目立つのが嫌いとも言う)一護の為に選んでいたのだった。

 だが、一護に許可を取らずに勝手にチャドや雨竜に言ったコトを夏梨はあやまる。

「うん‥‥一兄ぃの衣装を決めておいた方が、ハロウィンの誘いが旨く行くような気がして‥‥一兄ぃがどんなコスプレにしようって選ぶ楽しみを削っちゃってゴメンね」

 自分にあやまる夏梨に、一護は笑って気にするなと言う。

「イヤ‥‥俺は‥遊子と夏梨に決めてもらって‥‥かえって‥楽だったぜ‥‥選択肢があればイイってもんじゃねぇーからさ」

 一護のかなり横着な発言に、遊子と夏梨はほっとした顔で笑う。


 と、いうことで、今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。