スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ9 ハロウィン20

 小ネタシリーズ9
 ハロウィン20
 茶渡 雨竜


 雨竜にそう言われ、茶渡は納得する。

「む‥‥一護が顔をしかめたら、フード付きマントを脱げばイイんだな」

 その言葉に頷きながら、白い翼の購入方法も重ねて言う。

「最近のネット通販には、折りたたみ式の天使の翼ってのもあるんだよ」

 便利なモノも売ってるんだよと言う雨竜に、天使の衣装をどうしようか?と考えながら聞く。

「そっかー‥‥でも‥天使の衣装って‥‥‥?」

 更に聞く茶渡に、雨竜はくすくすと笑いながら言う。

「大丈夫‥‥白色の上下に、翼があればオッケーさ」

 真反対の死神に仮装するわりに、あくまでも、白にこだわる雨竜の屈折ぶりに内心で苦笑いしながら、茶渡は頷きつつも確認する。

「そうだな‥‥でも‥本当にイイのか?」

 衣装代がかさむんじゃないか?と心配する茶渡に、雨竜は心配無用と笑って言う。

「構わないよ‥‥‥滅却師の衣装を作る為に購入した、大量の白い布がボクのウチにはたぁーっぷりあるからね‥‥あとは、ボクの労働と糸代だけですむ」

 余裕だよと言外に言う雨竜に、茶渡は頷きつつも確認する。

「翼の分もイイのか?」

 心配性な茶渡に、雨竜はクスクスと笑って質問する。

「ボクのウチが病院だって知ってるよね?‥‥茶渡君」

「むっ‥‥大病院だって知っているぞ」

 茶渡の答えに頷きながら、種明かしをする。

「ウチには‥‥小児病棟もあるんだ‥‥‥だから‥ハロウィンやクリスマスを院内でするんだよ‥‥だから‥その衣装を注文する時に‥‥」

「‥‥‥?」

 首を傾げる茶渡に、雨竜は理解出来るように言う。

「ボクや茶渡君の天使の翼を‥一緒に混ぜて経費で落とすから‥‥大丈夫だよ」

「確かに‥‥経費で落とすなら‥‥実際に支払う必要は無いよな‥‥」

「そういうこと‥‥‥というコトで‥‥茶渡君‥君のサイズを測らせてくれないか?」

「分かった‥‥」

 こうして、衣装代が掛からない理由に納得した茶渡は、ほっとした表情で、雨竜にメジャーで胸囲などを計測されたのだった。


 と、言うところで今日はここまで。また、明日。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。