スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ5 エイプリルフール3 エイプリルフール前夜3

小ネタシリーズ5 エイプリルフール3

エイプリルフール前夜3 京楽 浮竹 砕蜂 大前田


 京楽は、伊勢に浮竹以外の隊長達に、緊急の隊首会を行うことを通達させた。

「七緒ちゃんに連絡を入れさせたから、後はここでみんなを待つだけだね」

「ああそうだな‥‥‥みんな‥疲れているから、堂々と休みを取れるなら、張り切って、身代わり地蔵を探すだろうな」

「ただし、自分の身代わりをたったと捕まえることが出来た順番で取れる‥‥って‥‥なると競争心が湧いて、頑張りが違うと思うんだ」

「‥‥それてって?‥」

「そっ‥十四郎が思ってる通りだよ」

「そうか‥‥自分の身代わりを確保すること自体が、遊びなんだな」

「当たり‥‥苦労して、身代わりを捕まえたんだもん‥いっぱい遊ぶ‥‥とことん自堕落に、ダラダラ過ごすとか‥‥結構なリフレッシュになると思うよ」

「ああ‥‥これなら‥俺も‥心置きなく、のんびり出来る」

「そう、それでイイの‥‥みんな‥苦労してるんだから‥‥時間のある時だけでも、好きな相手や仲間とのんびりして欲しい‥‥‥次の戦いの後に‥‥‥‥その相手や仲間が生きている保障が無いからさ」

「春水‥そんな気弱な発言するなよ」

「やだなぁ~十四郎だから‥言ったに決まってるでしょ‥‥‥強かなボクも‥惰弱で享楽的なボクも‥みぃ~んな知ってる君だからさ」

「‥‥ばか‥」

「イイでしょ‥‥ここには‥ボクと君しか居ないんだから」

 二人は、他の隊長達が集まったと、伊勢が呼びに来るまで、お互いが今共にあることを堪能していた。

 いちゃいちゃしていたともいう。






 一方、伊勢に緊急の隊首会がありますと連絡を受けた隊長達は‥‥‥。

 二番隊隊長砕蜂と副隊長の大前田は厭そうな顔をしていた。

「隊長、隊首会って‥隊長だけでイイんですよねぇ」

「馬鹿者‥この非常時の隊首会に、副隊長を出席させない筈なかろう‥‥ったく‥この忙しい時に‥‥」

「でも隊長、あのクインシーの新しい情報が手に入ったとか?」

「馬鹿者」

「隊長ぉぉぉ‥酷いっすよぉぉ‥‥なんで‥いきなり殴るんすか?」

「我々‥‥隠密機動や刑軍が、新たな情報を入手していないのに‥‥そんなことが有ってたまるか‥‥大前田‥何か情報は上がってないか?」

「目ぼしい情報は‥‥無いっす」

「‥‥‥‥」

「ただ‥‥クインシーを研究していた噂のある涅隊長なら、何か情報を握ってる筈だから‥‥というコトで‥‥」

「アクセスしたのか?」

「んなヤバイ橋は渡りませんよ‥‥十二番隊のコンピューターにハッキングする‥なんて危ないことをするぐらいだったら、大霊図書館のコンピューターにアクセスした方がマシってもんでしょ」

「‥‥やったのか?」

「いいえ、まだです。ですから、正式にアクセスする権利が欲しいって、京楽隊長に提言して下さい‥‥そうしたら、堂々と調べます」

「判った‥‥提言しよう‥‥他には?」

「それと、浦原元十二番隊隊長と元隠密機動総司令であり二番隊隊長だった四楓院様に、色々とクインシー達について聞いてみて頂きたいですね」

「今更と言わんか?」

「いいえ‥‥あの方々は、現世に実際に住んでいらっしゃいますから、別の見方が出来ると思うんですよぉ」

「確かに‥‥夜一様なら、我らの知らない情報を持っていらっしゃるかも」

「でしょう‥‥‥‥天賜兵装番なんてモンも担っていらっしゃったんですから、あの方に取って、常識でも、俺達には新たな情報ってモンもあるかと」

「大前田‥‥貴様‥今日は冴えているな」

「あははは‥‥‥ってことで、現世に休暇を兼ねた探索に行きませんか?」

「何故‥‥休暇?」

「俺達二人が抜けるのは‥‥アレでしょ‥‥だから‥‥休暇を兼ねてって言えば、代理の人間を置いて、余裕で調べられると思うんですよ」

「ふむ、それなら、京楽隊長に頼んでみよう‥‥確か、愛川隊長は現世で遊んでいる筈だし、猿柿や久南や矢胴丸も居た筈だ‥‥‥彼らに代理を頼んで現世に行こう」

「はい‥‥行きましょう‥‥って、ついでに‥‥現世の旨い食いモンをたぁ~っぷり食べてリフレッシュしましょう」

「勿論、経費はお前持ちだぞ」

「いいっすよぉ~‥‥毎度のことですから」

 砕蜂と大前田は、無意識で疲れている自分を休ませる方法を探っていたのだ。

 だから、京楽の対案にもろ手を挙げて賛成するだろう。


 すいません、昨日に続いて今日も説明や描写などを削りました。

 だって、話しが進まないんですモン。

 ということで、明日に続く。


スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。