スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタシリーズ8 完現術者と滅却師と死神代行3

 小ネタシリーズ8
 
完現術者と滅却師と死神代行3 一護 雨竜


 流石の雨竜も、入院生活はかなり退屈だったので、一護からの連絡に素早く反応する。

「はい」

「石田‥今‥喋っても大丈夫か?」

「大丈夫だよ‥‥黒崎」

「ワリーけど‥‥ちょっと頼みがあるんだけど‥‥‥」

「なんだい?‥‥君が、僕に頼みなんて?」

「いや、ちょっと‥トラックに接触してさ‥‥‥」

「黒崎‥‥トラックにぶつかるのは‥‥ちょっとと‥‥言わないよ」

「そっかぁ~?」

「で‥‥どの程度の怪我なんだい?‥‥救急車は呼んだのかい?‥‥君は、死神じゃ無いんだよ‥‥生身の体なんだから‥‥怪我には気をつけるべきなんだよ」

「あ‥うん‥怪我はさほどじゃないと思う‥‥たぶん」

「‥‥たぶんって‥‥黒崎‥‥はぁ~‥‥怪我の状態が自分で良く判らないんだったら、ウチの病院に来い」

「石田‥‥お前‥‥親父さんと‥‥」

「僕達の気が合わないのは昔からだ‥‥気にするな」

「‥うっ‥‥」

「それより、君の怪我の方が気になる‥‥事務局には、僕から言っておくから‥救急車は空座総合病院に回すように言いたまえ」

「‥あっ‥サンキュー」

「それに‥君に伝えたいこともあるから‥‥さっさと来い」

「判った」

「健康保険証とか、着替えetc.は、君の家族に持って来て貰えばイイだろう」

「‥‥ああ‥そうだな‥‥連絡しておくよ」

「‥‥じゃ‥僕は、君の検査の準備をするように指示しておく‥‥検査入院になると思うから‥‥病室は僕と一緒にしておくよ」

 雨竜からの答えに、トラックと盛大に接触?した一護は、ホッとした。


 と、いうところで時間切れになってしまいました。続きはまた明日。

スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ブラック・ベリィ

Author:ブラック・ベリィ
ブラック・ベリィはラズ・ベリィ&デュー・ベリィの二人サークルです。メインは二次小説ですが、オリジナル小説も有ります。剣と魔法のファンタジーなども書く予定です。
現在はブリーチや黒子にハマッてます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleサブカル 同人誌sidetitle
サブカル 二次&オリジナル女性向け同人誌

FC2Blog Ranking

sidetitle同人誌サークル ブラック・ベリィsidetitle
サブカル 二次&オリジナル同人誌
sidetitle同人誌ダウンロード販売サイト他sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。